はじめまして。
沖縄植物療法サロン 「green Tomo(グリーン・トモ)」 主宰、ごやともみです。

当サロン・教室に興味を持ち、サイトをご覧頂きありがとうございます^^

greenTomo卒業生による「ごやともみ」紹介はこちら▷

呉屋智美

 

植物療法の専門家として活動しています

沖縄唯一のデパート「リウボウ」の中にある、ハーブとアロマの専門店「カリス成城」にて店長として約2年多くのお客様と出会い、経験を積んで来ました。

 

それまで学んで来た専門的な知識はもちろん、ちょっとしたアロマの使い方やハーブティーについてなど簡単に植物療法を生活の中で活かせる様にアドバイスをしてまいりました。

 

興味はあるけどどう使っていいのか分からない。何から始めたらいいのだろか?
ハーブやアロマなど植物療法に興味はあるが、中々取り入れ方が分からないという方が多いな〜と。

 

けれども必要としている人が多くいるという事、そして中途半端な知識の人もまた多くいると言う事を接客を通して感じていました。

 

その経験を通して
自分自身で植物療法を生活の中にきちんと使いこなせる人を育てたいとの想いと、一人でも多くの方にその良さが伝わる様に
「メディカルハーブ」の講座をメインに講師業植物療法アドバイザーとして自宅サロンを行っています。

 

greenTomoサロン

 

ここにたどり着くまでの私のプロフィール

植物療法との出会い

大学進学と同時に関西へ出て、卒業後もそのまま関西の会社に勤めました。
当時、数ヶ月間だけシェアハウスに住んでいた事があり、ルームメイトがアロマセラピストだった事がきっかけで植物療法に興味を持つようになりました。

 

アロマトリートメントが好きだった私はよくルームメイトにトリートメントをお願いしていました。トリートメントをする前に、必ず心と身体の状態に合わせてオイルをブレンドします。数十種類の精油を一つづず香っていき精油を選ぶのですが、今の心の状態によって選ぶ精油で変わってくる!!(それが私の今のサロンでのトリートメントのベースになっています)

 

たまに「ともみちゃん大丈夫?休んだほうがいいよ〜」なんて言われると、自分ではなんとも思っていないのに、体が少し疲れているだけだと思っていても、実はすごいストレスを感じているんだ〜と、思った事もありました。

 

その時に、アロマって面白い!!と思ったんです^^

 

ルームメイトは、大阪梅田でセラピストとして部下に指導をする立場の方だったので、腕も良く、私もこの技術が欲しい!いつか自分で何かしていきたいと思っていた私にとって、この技術、持っていて損は無いと思いルームメイトに弟子入りしアロマセラピストとしての技術と知識を習得しました。

 

植物療法との出会い

 

勇気って中々出ないものですよね・・・・

セラピストとしての手技を学び、独学で日本アロマ環境協会(以下、AEAJと略します。)のアロマテラピー1級まで取得。

 

自宅に友人たちを呼んでトリートメントをしたり自分自身のボディケアやスキンケア、日々のストレスケアとして生活の中にアロマを取り入れていました。

 

アロマを楽しむ、生活で利用する。
いつかは沖縄に帰ろう、アロマトリートメントのこの知識と手技、帰って仕事はあるだろう。

 

それを仕事に出来たら・・・・・と思いながらも・・・・・・
今の安定した仕事を捨てる勇気もなく、ひたすら悶々とした日々を過ごしていました。><;

 

そんな中、年齢というただの数字でしかない物に惑わされている私もいて・・・・・
【自分の道を開きたい】
【好きな事で人のお役に立てて、笑顔になれる物を見つけて、自分で何かやりたい】
と思っていた私にとって

 

30歳、三十路、沖縄の友達はほとんど結婚して子供もいて・・・・・
仕事が安定しているとはいえ、生活はカツカツ・・・・・・
好きな事がどれだけ出来ているかと言うと、ないお金に惑わされて我慢している事も多く

 

自分大阪まで来て何やってるんだろう?好きな事やってる様に見られるけど、やりたい事まだまだあるよね?本当にしたいと思える仕事をまだ見つけてないよね?・・・・・・
(人と比べてもしょうがない、比べるものじゃないと頭では分かっていても・・・・ですよね笑)

 

なんて考えて
生活カツカツの中の貯金なんてや〜めた(笑)好きな事したい!!やりたい事はやる!!と決め

 

当時、料理にハマりバジルやローズマリーなどのハーブを使っていてたので、ハーブを育てて料理にもっと利用したい!!よし、「ハーブの勉強をしよう☆」とハーブについて学べる学校を探しました。

 

ストレス、イライラ、不安定

 

ここで動かなければまた何も変わらない!!

そこで門を叩いたのが、お世話になった大阪の京橋にある「SUITE」です。そこの学校で教えているのは、ハーブはハーブでも「メディカルハーブ」

 

私が学びたかったのは「ハーブ」でも栽培や料理。「メディカルハーブ」はハーブティーがメインで効能効果を学ぶもの。門を叩いた学校では、栽培や料理は授業で一切行いません。

 

私は正直に
私:「ハーブの栽培や料理などで利用する方法を学びたくて〜」と言うと

先生:「授業ではしないけど聞いてくれたらいくらでも教えますよ〜」
「ここでこうやって話しているのも何かの縁ですしね〜タイミングと思った時に動かないと〜」
「講座は随時募集で日程調整して講座を開きますが、ちょうど他に受講希望者の方がいて〜」

 

って事だったので悩みながらも「確かにここに来たのも何かの縁かな〜」「ここに連絡するのも勇気がいった」「もし、ここでちょっと考えます。って帰ったら他に問い合わせもせずそのまま終わるかも」「人って動こうと思った時でないと動けない。ここで動かなければまた何も変わらない!!」と思い覚悟を決め、その場で申込をしたのを覚えています。^^

 

今思えば、これもいい縁だったな〜と!!

 

当時たまたま料理にハマっていただけでこれがきっかけでハーブティーの虜になる私ですが、メディカルハーブの勉強が忙しくなると料理は以前同様簡単に!と戻りました(笑)
私にとっては、料理をするよりも勉強をする方が優先順位が高く好きだったんです!

 

また、学んだ日本メディカルハーブ協会の「ハーバルセラピスト」は、ハーブティーだけでなく身体のことなど広く健康について学びます。

 

先生からはもちろん、年上の友人たちからも食や添加物などについて学ぶ事も多く、試験前には一緒に勉強をしたりお互い刺激しあって試験を突破できたのも、その時のタイミングで学校の門を叩いた友人がいたからだと思っています!!

メディカルハーブを学んで変わった・・・・

メディカルハーブを学ぶまではコーヒーが大好きでずっとコーヒー党で朝から晩まで1日中コーヒーしか飲んでいませんでした。(コーヒーが大好きなのは今でも変わっていませんが、1日中ではなくなりました)

 

コーヒー飲みすぎなのは分かっているけど、ジュースは甘いし太るし体に悪いから嫌!(笑)水は美味しくない、麦茶もそれほど美味しくない。わざわざコーヒー以外の物を飲む・・・・?

 

1日中コーヒーを飲んでいるとそれほど美味しと思わない時もあり、飲み過ぎで頭痛くなる事もある。それでもコーヒーばかり飲んでいました。他のを飲むという選択肢が私の中でなかったのです。

 

また、小さい頃から甘いものが主食で止められず、よくお菓子でお腹膨らまして夕飯残して親に怒られる様な子でした。
10代、20代のダイエット時でも、ご飯減らしてお菓子も減らす。甘い物を止めるという事が出来ずにいました^^;

 

なので、私は歳を重ねていつか糖尿病になって苦しむんだろうな〜血圧も高くなるんだろうな〜と思っていました。
先生や友人に話すと、まだ若いんだから今からメディカルハーブを学んで食を変えれば全然間に合うから!!と言われても半信半疑。

 

それから授業の回を重ね、様々なハーブについて学び、友人の少し高めだった血圧と血糖の数値に変化が出始めました。私自身もハーブティーを生活の中に取り入れる事で、ハーブティーの美味しさを知りコーヒーよりもハーブティーの方が美味しいと思える時が来ました。(今でもコーヒー中毒が抜けず、コーヒーは今でも飲みますが、身体がハーブティーを求めている時のハーブの美味しさを分かるようになったのです)

 

効能効果を知りその時必要なタイミングでハーブティーをブレンドし飲む事で体質改善、将来の病気予防もできる!!
美味しいハーブティーを飲むだけでそれが出来るならこんないい事はない☆どんどん周りの友人にも変化が現れ、私はハーブティーの虜になって行きました。^^

 

人は必ず水分補給をしますが、毎日飲むコーヒーをハーブティーに変えるというだけ。面倒くさがりな私にとって乾燥茶葉は扱いやすく、そして美味しい。

 

アロマが生活の+αであるのに対し、水分補給=ハーブティーは毎日の生活に馴染みやすい、生活の中に取り入れやすかった事でメディカルハーブの世界にどっぷりハマりました。

 

私が将来の病気に対して不安を抱えていたのを、ハーブティーを飲む事・学ぶ事で解消されたのであれば、必要としている人が必ず多くいるし、これからの時代求められるものとなるに違いない!!なぜなら、植物療法(ハーブ・アロマ・レメディー)の得意分野はストレスケアだから!!

 

実際、ハーブティーで数値に変化が現れ体質改善した友人だけでなく、パニックの症状が少しあった友人も以前よりも平常心で普段の生活ができる様になった。心の不安などにもオススメできるハーブティー。

 

私の様に、将来の病気に対して不安に思っている人は多くいるはずです。(だからこそ皆さん保険に入りますよね。)
でも対処法が分からない、値段が高く続けられないものにはあまり意味がない、でもどうにかしたい、諦めるか?!
私は諦めかけていました・・・・・。

 

私にとって、将来のぼんやりとした不安、50代ぐらいから何かしらの病気に悩まされ、苦しむのかな〜と思っていた「いつか来る将来への不安」がなくなっただけで、私はメディカルハーブと出会えて良かったと思っています^^

 

そして、アロマから始まりハーブと出会いより深く学ぶ事で、テレピや流行に惑わされない、ちゃんとした知識を得るきっかけとなり徐々に意識が変わって行きました。植物療法と出会う事で、本物を見る目を育てるきっかけとなりました。

 

人は対処法を知るか知らないか、それだけで人生のその先が変わってきます。選択肢のあるなしで、知っているか知らないか、そのちょっとした事の積み重ねで見えてくる先が違ってくる。知識は早い方がいいというのは、この時に感じました。

 

素晴らしい沖縄のハーブ

ハーブと出会い、面倒くさがりな私にとってハーブティーはいつものコーヒーの代わりに入れるだけで良く、そして美味しいという事でアロマより生活の中に取り入れやすかった事でメディカルハーブの世界にどっぷりハマり、これを仕事にしよう。

 

そして必ず必要としている人が多くいるからこそ、これを伝える人になりたいと思い、日本メディカルハーブ協会の「ハーバルプラクティショナー」を目指す事となりました。

 

「ハーバルプラクティショナー」受験には、認定校の卒業資格が必要ですが、課題としてレポートを提出する必要があります。ハーブを勉強してきて、沖縄には素敵ないいハーブが沢山あるに違いない。そして、それを勉強して良いハーブが沢山あるのなら沖縄の産業のためにも必ず役に立つはずとの思いから「沖縄のハーブについて」レポートを書くことにしました。

 

沖縄のハーブについて調べていると、やっぱり多くの素晴らしいハーブが沖縄にはある!!沖縄のハーブ・島野菜、沖縄の魅力を再発見☆

 

大阪のベランダでプランターで育てるのでなく、実家に帰れば大きな畑はあるし、何より最強の師匠となる両親がいるじゃないか!!沖縄に帰る事で、沖縄のハーブ・野菜を学ぶ機会は必ず増える。もっと沖縄のハーブ・島野菜について学びたいと思いました。(幼い頃、あんなに嫌々両親に畑の手伝いさせられていた私がこんな風に思う様になるなんて。。。笑)

 

私の中で、メディカルハーブを仕事にしたいと思いながらも、「これ!!」が見つかっていない中途半端な状態で沖縄に帰るという決断が出来ませんでした。自分自身の出来る事、やるべき事、先が見えてきた事でやっと6年弱務めた会社を辞め沖縄へ帰郷しようと決断する事が出来ました☆

 

沖縄に帰ると決まってからは、覚悟が違うので必死です(笑)高いな〜でも勉強したいな〜と思っていたアロマの資格。先生に相談して、AEAJのアドバイザー・インストラクター・セラピストまで全部一気に受験が出来る様に授業を受けました。

 

なので、メディカルハーブと出会ってからの約1年半、ひたすらアロマとハーブの勉強をしては試験を受けて〜学校に通い詰め、沖縄に帰郷する時には貯金も「ゼロ」(笑)ある時は、授業料の支払いをボーナス払いにしているので実際はマイナスの時もありました・・・^^;

 

親には、県外の金融機関に勤めて貯金ゼロで帰ってくるとは・・・・と言われましたが(笑)

 

メディカルハーブ:バタフライピー

 

講師デビュー

ハーブ、アロマ両方の知識を大阪にいる間に学び、良さを体感し、沖縄に戻ってからすぐにでも講師業を開始させたかったのですが、気持ちを抑え、先ずはこの分野で一度働き経験を積ませてもらおうと「カリス成城」に勤務する事となりました。

 

「パート募集」を見て応募したのですが、ちょうど店長さんが妊娠中で退職されるというタイミングだった事もあり、「店長として働きませんか」との事。
もちろん不安だらけでしたが、いつか独立したいと思っていた私にとって良いチャンスとなると思ったのでお受けし、勤務して3ヶ月後には新人販売員が「店長」として表に立たせてもらう事となりました。

 

もちろん、初めての販売員、初めて人を束ねる仕事を経験。色々大変な事もありましたが、「店長」という看板があったからこそ講師しませんか?とのお声をいただいたり、リウボウで働く方々とも色々話をさせて頂きセミナーをさせていただくチャンスを頂きました。

 

「私は、講師業がしていきたい」それをデパートの方やカリス成城の先生方にも話していたからこそ得ることができたチャンスだと思います^^

 

そして、退職するちょっと前、これまでハーブやアロマの勉強をして名前だけは聞いた事のあった「レメディー(フラワーエッセンス)」をお店として導入する事となり、福岡より先生をお呼びして勉強をする事となりました。

 

いつかは勉強したいと思っていたレメディー。販売するだけでなくこれを知識として本物にしたい!!ハーブもアロアもいいけどレメディーもこれから求められるものとなるし、まだまだ知らない人が多いからこそ、私は伝える人として広めていかなければ行けないだろうと思い。

 

退職してからもさらに知識を深めるべく引き続き福岡より先生をお呼び・通いヒーリングハーブス社バッチフラワーエッセンス「プラクティショナー」を学ぶ事となりました。

レメディー(フラワーエッセンス)の講座はこちら▷

ウエルカルチャーお試し講座

 

現在の活動内容

そんなこんなでやっと、ずっと「したい!!」と思っていた【好きな事で、人と接する仕事で、人に喜んでもらえて、自分の力で自分の信じた道を歩く】植物療法アドバイザーとして動き始めています。

 

*現在は、日本メディカルハーブ協会の認定教室として【メディカルハーブ初級検定】講座と【ハーバルセラピスト】養成講座をメインに行なっています。

この講座どう違うの?と思った方はこちら▷
現在、募集中のメディカルハーブ講座はこちらから▷

 

*また、せっかく学んで頂いた生徒さんのフォローとして【魔女会】も2ヶ月に1回開催(2019年1月より)しています。

*その他、「イベント」や「単発講座」、「お茶会」、「説明会」なども行なっています。最新情報より▷

*2019年からは、ご要望の多い【レメディー(フラワーエッセンス)】【アロマ】も講座を開講していきますのでお楽しみに〜^^

私が作りたい世界

植物療法が当たり前の生活を一人でも多く

植物療法、まだまだちょっとした癒しとしてしか認知されていません。そして、人は、残念な事に身体を壊してからしか健康のありがたさに気づかないですよね・・・・・><;

さらに、人は自分が良いと思ったもの、認めたものしか自分では選択しません。。。。。。

 

実際、植物療法の良さを知っている専門家の私から見て絶対必要だと思う友人に植物療法(ハーブ・アロマ・レメディー)をオススメしても、やはり本人が良いと思わなければ利用はしないですし、良いかもしれないけどたかがハーブやアロマでしょ?!と思っているから続かない。。。。。

 

私一人だけがこの知識を持っていても、必要とする人に良さが伝わらなければ意味がないと思いました!!

 

本人から使ってみたいと思ってもらい、良さを知って感じてもらう。そして、その人にとって、必要な時に使いこなせることが大切☆

必要な時に使いこなせる様になるとより良さを体感してもらえるので、生活の中に取り入れて続けるようになり、今後の体と心がいい方向に変化します。

 

私がコーヒーしか飲むという選択肢がなかった様に、知っているか知らないか、自分の中での選択肢があるかどうかで、今後の人生は変わってきます。

 

日々の小さな選択によって、ストレスケアが出来たり、体調管理が出来たり、心のケアが出来たり・・・・
その積み重ねで1年後、5年後、10年後の未来が変わってくると思うのです。

 

だからこそ、大切な人にこそ、その選択肢があるという事に気づいてもらいたい!!良さを知ってもらって、生活の中に取り入れて欲しい!!

 

ちゃんとした知識を持って植物療法を使いこなせる人が一人でも多くいてくれると、そこからまた必要としている人に良さが伝染して伝わりこれから益々必要とされる植物療法が当たり前の世の中になる。

 

ハーブ・アロマ・レメディーなど植物療法は、多くの方の手助けをしてくれるアイテムとしてすごくオススメです!!体質改善はもちろん、今後の病気の予防として身体だけでなく心の傾きにもオススメです!!

 

もちろん、必要であれば、病院へ行きお薬に頼る事も大切ですが、その前に自分で出来ることはいくらでもあります☆今の時代、これからの時代の主役は、医者でなく家庭でありご自身でケアし病気にならない様にする時代です!!

 

そこに気づき植物療法がいいのは知っているが、どう使用していいのか分からず、まだまだ生活の中で取り入れていけていない方、気づいたから良かったのです。そこからちゃんとした知識を身につけていけばいいのです☆

 

植物療法を必要としている人にちゃんと届く様に、そして使い方続け方をお伝えするのが私の使命だと思って活動をしています^^

一家にひとり『ハーバルコーディネーター』を!!

一人ひとりが植物療法の良さを知り、体感し、生活の中に取り入れる。ご自身の生活の中で植物療法が当たり前になった後は、その知識を家族のためにも使って欲しいんです!!

一般的に食卓・台所を任せられているママ。家族の健康を想い、食事を意識している人は多いと思います。そんなママにこそ、ちょっとした体調の不調の時に薬という選択ではなく、その前に植物療法という選択肢があるという事を知って欲しいと思います!!

案外、ちょっとした不調は薬に頼らなくても、ご自身の身体の「治癒力」で治ると言われています。ご自身の治癒力を信じる。治癒力がupする様に身体を助けるものを取り入れる。メディカルハーブがその治癒力upを手助けしてくれます。

植物療法を学ぶと、食の考え方などにも変化が見られます!!意識が変わっていくのです。親御さんの子供への影響力って大きいですよね。だからこそ、子供・家族の健康を守るママにこそ、植物療法の良さを知ってもらい、子供達にもその考え方を生活の中で取り入れていって欲しいと思います。

そして、家族みんなで植物療法を取り入れてい欲しいと思います^^

3・5・10年後の沖縄を夢見て

沖縄には、美味しいハーブティーを飲める専門店がありません。(私の知っている限りですが・・・・)コーヒーを楽しむカフェはたくさんあるのに・・・・

ハーブの相談ができて、気軽に世界中のハーブを購入することができる場所、コーヒー専門店の様なハーブを楽しむハーブ屋さんをしたいです。現在、講師業を通して、ハーブ好きな方を多く育てていますが、ハーブ好きがハーブを気軽に買いにこれる場所で、新しいハーブを探しに来る場所をと思っています。

 

そして、私の大きな夢。何年かかるか分かりませんが、いつか大きなハーブ園を作り沖縄で育てた無農薬ハーブを、日本中・世界中に届けたい!!

 

そして、ハーブ園、農業を通してかつての沖縄「長寿の島」を取り戻す。畑仕事で足腰を動かし、園芸療法という名があるように土いじりをする事で自然と触れ合い、健康で・・・・。

 

そして、日々沖縄のハーブを食す!!

 

沖縄にハーブの農園を作り、おじぃ・おばぁにそこで働いてもらい、ちょっとばかりの年金に頼るのでなく、友人たちと楽しくユンタクしながらハーブ・島野菜を育てて、農業を通して足腰を鍛えてもらい、寝たきりや介護が必要な方を減らしていく。そして、年を重ねても自分の力で農業を通して収入を得る。

 

両親は、農業で生計なんか・・・・趣味でいいよ・・・・と言いますが、これからは、農業が強い(表現違うかな?)沖縄を観光だけでなく、農業も含めた観光で豊かにしていけると思うのです!!

 

沖縄のハーブをいつの日か日本中・世界中に出荷できるようになれたらな〜と思います^^

greenTomo卒業生による「ごやともみ」紹介はこちら▷

基本情報

名前:ごや ともみ

生年月日:1984年2月29日(35歳)

出身地:生まれも育ちも沖縄です。
20代の10年間は関西にて生活。大阪は第二の故郷です。

家族構成:既婚

最終学歴:心理学系4年大学卒業。
在学中に念願の交換留学(韓国釜山へ)

 

苦手なこと:言葉・文章作成
言葉・漢字を覚えるのが苦手、文章書くのが大の苦手!!
ですが、1人でも多くの方に植物療法を知って欲しいとの思いで頑張ってHP作成、ブログ・FBなどを更新しています^^;

苦手な事はプロに聞くのが一番☆という事で、友人で主婦ブロガーえりかさんに色々ご指導頂いています♬
主婦ブロガーえりかさんのブログ「ずぼらイズ」はこちら▷

 

好きなこと・趣味:学ぶこと。父親譲りの健康オタク(笑)
幼い頃から甘い物が大好き。おやつでお腹を膨らませ、ご飯をあまり食べずに怒られる子でした・・・・。

という事もあり、もともとちょいぽっちゃタイプ、そして面倒くさがり、でもお洒落が大好きな子でした^^

その為、いかにして運動せずに痩せれるかを10代の頃から考えていて行き着いたのが「痩せる=健康」。

今では健康・身体について、植物療法について学ぶことが趣味であり仕事に!まさに好きを仕事にしています^^
今では、嫌いな運動もちゃんと定期的に行っています〜♬

 

これまでの外部活動実績

詳細はこちら▷

 

資格

特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会→協会サイト
・ハーバルセラピスト
・シニアハーバルセラピスト
・ハーバルプラクティショナー

公益社団法人日本アロマ環境協会→協会サイト
・アドバイザー
・インストラクター
・セラピスト

ヒーリングハーブス社バッチフラワーエッセンス→ヒーリングハーブ社サイト
・プラクティショナー

一般社団法人日本温灸温活協会→協会サイト
・インストラクター

特定非営利活動法人ジャパンハーブソサエティー→協会サイト
・初級インストラクター認定校卒業

薬膳龍花→HP
・中医薬膳初級講座認定校卒業
・琉球薬膳初級講座卒業