甘いハーブティー、甘いハーブ茶葉!

ハーブティーをまだまだ飲み慣れていない方に多い感想・質問が、ハーブティーを飲みながら「美味しい〜」と言うものの「このハーブティーにはちみつを入れて飲んでもいいですか?美味しいそうですよね?」と・・・・

ハーブティーを普段から飲んでいる私にとっては、はちみつをわざわざ入れなくても美味しいけどな・・・と思い、はちみつを入れるという発想もなくなってきます。実際に、ハーブ好きの多くの生徒さんはそのまま甘いものを入れずに飲んでいる方がほとんどです。

確かに、飲み慣れていない方にとっては、甘いものを入れた方が飲みやすく美味しいかな?と思います。

しかし、砂糖ではなく・・・・と言うことで、「はちみつなら体に良さそう!」って発想なんでしょうね〜^^

 

甘いハーブ茶葉

そこで、せっかくなら、はちみつじゃなくハーブ茶葉でも甘い物があるよ〜とご紹介をしているハーブが2つ。

 

甘いハーブ=

「リコリス」と「ステビア」です。

 

この2つのハーブは、砂糖の何十倍もの甘さがあり、いつものハーブにちょこっとプラスするだけで甘いハーブティーになります。

どちらかと言うと、「リコリス」は蜜系の甘さ。「ステビア」は砂糖系の甘さ。になるかな〜

なのでお好きな味の甘味をプラスしてみてくださいね^^

 

リコリス(甘草)

「リコリス」は知らなくても、「甘草」と言うとご存知の方もいらっしゃるのではないでしょう?

古くから伝統医療で用いられてきたハーブで、中医学・漢方にも出てくるハーブです。

現代の風邪薬にも入っているので、もしお薬を買った際には後ろの成分表を見てみてください。喉の痛みや風邪の薬には入っていますよ!

医薬品は、私たち一般の方が取り扱い販売をする事が出来ませんが、「リコリス」はハーブとして取り扱う事ができると言う面白いハーブとなっています。

だからこそ?少し注意が必要となってきます。

【注意】

・妊娠中・授乳中には使用しない。
・長期間の使用、多量の服用はしない。
・肝臓疾患
・高血圧症
・腎不全

上記以外の方、注意点を守れば、甘くて重宝するハーブなのでたまに甘いものが飲みたい時にはオススメですね。

ちなみに、私は、喉の炎症があり風邪ひきそう、風邪ひいてしまった時には、ハーブティーブレンドにリコリスをブレンドします。ハーブの甘味が喉のイガイガ、炎症を少し緩和してくれます。

ステビア

甘味料として、ジュースなどの成分表に「ステビア」の文字を見た事がある方もいるかと思います。

ジュースに入っているのは、ステビア甘味料として人工物になっていると思われますが、元はハーブなので、茶葉が存在します。

原産国が南米パラグアイになるので、古くからマテ茶の甘味づけや薬草として利用されてきた歴史を持つハーブです。

最近では、緑茶の5倍以上の抗酸化力があると証明され注目されているハーブの一つです。

こちらのハーブも甘味が欲しい時、そして脳が疲れてきた時にちょこっとプラスしてみて下さい。

 

さいごに

ハーブティーは「マズイ」「苦い」と思っている方がまだまだいますが、実は甘いハーブ茶葉もあるんだよ〜と言う事を知っていただけたかな?と思います^^

余談ではありますが、砂糖の原料となるサトウキビだって、植物ですからね。そう考えると、甘いハーブがあるのも納得していただけるかな?と思います^^

ハーブの世界は色々です。面白いハーブは、たくさんあります!!

ハーブの世界を知れば知るほど、魅力的で面白い!!

一緒にハーブ談話、オタクになれる方が増えるといいな〜と思います♬

本日も最後までお読みいただきありがとうございました^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です