意外と知らないハーブティーの基本の入れ方3ステップ

1杯分の量が分かりやすいティーパックに入ったハーブティーでなく、茶葉そのままの「ハーブティーをもらって「どうやって飲むの?」と困った事はありませんか?

市販のティーパックになっているハーブティーは良いのですが、そのまま茶葉で貰うと途端に色々疑問が湧いてくる・・・・

 

*一杯分の量はどれぐらい?

*どう入れたら良いの?正しい入れ方は?

*美味しく飲む方法は?

 

メディカルハーブティーを教える専門家として、ハーブティーが大好きな私が、意外と知られていないハーブティーの基本的な入れ方を紹介したいと思います(^^)

 

1杯分の量・必要なもの

ハーブティの美味しい入れ方

・ティーポット、茶こしなど

・ハーブ2〜5g

(花や葉は少なめ2〜3g:ふわふわして軽いものは少なく)

(根や種子は多め4〜5g:重いものは多く)

・熱湯200cc(約98℃)

 

 

ハーブティの美味しい入れ方

1)砕いて入れる

ハーブは購入する時、ホールの状態で買うのがベストです。

そして、使用する時に柔らかい葉や花は手で細かくし茎・根・種子など硬いものはミルやすり鉢で砕きます。

 

細かくなればなるほど、酸化が進みますので使用する時に細かくして利用するようにして下さい。そして、茶葉がポットの中で踊る方がより成分が出ます

ですので、出来ればそのままポットにハーブを入れます。

 

が、飲んだ後の片付けはやはりティーパックに入れた方が楽ですのでご自身の生活・性格に合わせてティーパックを使用するのかそのままハーブをポットに入れるのか両方試してみるのもいいかと思います(^^)

 

 

2)抽出時間

・花や葉:ふわふわして柔らかい物は、3分

・根や種子:硬いもの物は、5分

 

両方ブレンドしているのであれば、5分。最低でも上記時間抽出します。それよりも短ければ、味は薄くなりますしそのままハーブを取らないで置いているとそのまま味が濃くなり、苦味なども抽出されます。

 

*さらっと飲みたい時

*ハーブティを飲みなれていない方

*お子さんに飲ませる時

は、上記時間よりも早めに飲んでも良いですね〜

 

ただ、ハーブの成分が十分に抽出されない為、どうしても味の濃いハーブに比べ成分が少なめの摂取になってしまいます💦

ハーブティーの美味しい入れ方

 

3)蓋をします

蒸気は大切な香りです。蒸気が逃げないように蓋もちゃんとしましょう。

アロマを勉強した人には理解しやすいのですが精油を作る時に一番多い方法

「水蒸気蒸留法」

 

簡単に言っちゃうと、ハーブティを入れた時に出てくる蒸気を冷やして集めると、アロマと言われる「精油」と「芳香蒸留水」が取れます。

 

なので、ハーブティを入れた時に出てくる蒸気も大切な成分です。そのまま逃すのでなく蓋をして、コップに注ぐ時に蓋の水滴も一緒に落として飲んで下さい。

 

 

さいごに

上記の方法で入れたハーブティー、蓋の水滴までちゃんと入れましたか?

ハーブティーを飲む時はだけでなく、それぞれの鮮やかな色やカップからフワッと漂う香りも楽しみながらお気に入りのカップに入れて自分のちょっとしたリラックス時間を作るようにしてゆっくり味わって下さい(^^)

 

大切な人に何かプレゼントしたい時、ありきたり物のでなく「私だから出来るプレゼント私にしか出来ないプレゼント・・・・」と考え、ハーブをブレンドしてハーブティーの茶葉をプレゼントする事があります。

一人でも多くの方にメディカルハーブ の魅力が伝わり、ハーブ難民が出ない事を願っています(笑)

 

 

Follow me!

意外と知らないハーブティーの基本の入れ方3ステップ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です