世界史を大きく動かした植物

おはようございます。
沖縄植物療法スクールgreenTomoごやともみです^^

 

21039_img_9738

 

ここでは、毎日(平日:月〜金)初心者向けに発信しているメルマガの一部をブログの方にもご紹介しています。

と〜っても深いむずかしい話はせず、「ハーブ」・「アロマ」・「レメディー」を生活に取り入れてみたいな〜って人が増えたらとの思いで発信していますので「おもしろい」「へ〜そうなんだ〜」「ハーブでこんなこと?」「使える」「やってみよう」と思いっていただけたら嬉しいです❣️

 

いち早く、情報をgetしたい方は、ぜひメルマガ(無料)のご登録をお願いいたします✨

メルマガ登録はこちら▷

 

 

では今回のテーマはこちらから↓

世界史を大きく動かした植物

今日は最近読んでいる本のご紹介です。

 

 

ハーブの世界は本当におもしろくて!
この本を読んでより植物ってすごいな〜と思った本が
今日のテーマにもなっている

 

 

「世界史を大きく動かした植物」

 

〜植物という観点から読み解く新しい世界史〜

〜一粒の小麦から文明が生まれ、チャの魔力がアヘン戦争を起こした〜

 

 

目次だけご紹介しますが
目次だけでも植物に興味がある方には
興味深い内容だと思いますよ〜

 

 

*小麦
一粒の種から文明が生まれた

 

*稲
稲作文化が「日本」を作った

 

*こしょう
ヨーロッパが羨望した黒い黄金

 

*唐辛子
コロンブスの苦悩とアジアの熱狂

 

*じゃがいも
大国アメリカを作った悪魔の植物

 

*トマト
世界の色を変えた赤すぎる果実

 

*ワタ
「羊がうえた植物」と産業革命

 

*茶
アヘン戦争とカフェインの魔力

 

*サトウキビ
人類を惑わした甘美なる味

 

*大豆
戦国戦争の軍事食から新大陸へ

 

*玉ねぎ
巨大ピラミットを支えた薬効

 

*チューリップ
世界史のバブル経済と球根

 

*とうもろこし
世界を席巻する驚異の農作物

 

*桜
ヤマザクラと日本人の精神

 

 

私もまだ全部読み終えていませんが
自分の専門分野であり気になる
「茶」を読んだだけでも

 

 

と〜ってもおもしろくて!
他にも色々本はありますが
読みやすい本で興味深い本なので
今回紹介させていただきました

 

 

年末年始、もしお時間あって
やることないな〜と思ったら
植物の魅力・すごさを
ぜひこの本を読んで深めてみてください^^

 

 

授業でもいつも言っています
「人は食べないと生きて行けない」

 

 

当たり前のことですが
だからこそ、食べるために農業を始め
植物を生産することで
商売が始まり経済が動く

 

 

その動いた経済をより効率化しようとして
機械を使ったり商業が大規模になっていく

 

 

そこから人間のよくでお金儲けのために
食材の奪い合いなどが始まり
戦争が起こる

 

 

その発端は「植物」
私たちは実は植物によって
動かされているのかもしれない

 

 

これまでとまた違った目線で
植物を見ることができる
より植物のすごさを感じることができる

 

そんな本なので
オススメですよ〜^^

 

 

ぜひ時間がある方は読んでみてください
時間がない方は
章ごとだと20分もあれば読めるので
ちょっとした隙間時間で読んでみてくださいね〜♬

 

 

そして、勝手ながら来年1年間(2021年4月〜2022年3月)greenTomoの活動を縮小します。

次回募集の2021年5月受験生をもって一旦、受講生の受け入れを中止といたします。

「ハーバルセラピスト」目指したい方は、次回の募集にきていただけると嬉しいです^^

 

では、今日も1日笑顔でお過ごしくださいね〜♬

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です